循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰

循環型社会形成推進功労者を表彰する制度は、廃棄物の発生量の抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)の適切な推進に顕著な功績があった個人、企業、団体を表彰し、その功績をたたえて、循環型社会の形成の推進に資することを目的として、平成18年度に環境省によって設けられました。

申請は、都道府県、環境省地方環境事務所、3R活動推進フォーラムから行われ、環境省が審査・決定し、3R推進全国大会式典の席上で表彰式を行っています。3R活動推進フォーラムの場合、会員団体から推薦をいただいて、環境省に推薦しています。

表彰対象
  1. 3R活動推進功労(個人)

    廃棄物等の発生抑制及び循環的な利用に関する具体的活動又は普及啓発活動を展開し、これらの活動の推進に熱意と識見を有する者。
    ただし、これらの活動を廃棄物の収集運搬・処分事業として行う者を除く。

  2. 3R活動推進功労(団体)

    廃棄物等の発生抑制及び循環的な利用に関する具体的活動又は普及啓発活動を目的とする団体であって、これらの活動を継続的かつ着実に推進してきたもの。
    ただし、公益法人(社団法人、財団法人)、営利を目的とする団体及び宗教上の教義を広める活動を行う団体を除く。

  3. 3R活動優良企業(企業)

    廃棄物等の発生抑制、循環的な利用及び適正処分を実現した企業であって、次のいずれかに該当するもの。

  • その工場又は事業所等の事業に係る拠点において、 当該事業活動に伴う廃棄物等の大幅な発生抑制又は循環的な利用の大幅な拡大を実現した企業であって、 その取組が将来的にも持続し得るもの。
  • その製品等について、廃棄物等としての相当程度の発生抑制、 循環的な利用の相当程度の拡大又は適正処分の飛躍的な向上を実現した企業であって、 その取組が将来的にも持続し得るもの。
  • 廃棄物等の大幅な発生抑制、循環的な利用の大幅な拡大又は適正処分の飛躍的な向上のための技術、 製品又はシステムを実用化し、かつその普及を図る企業。
令和元年度循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰

令和元年度循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰は全国で3R活動優良企業6件、3R活動推進功労団体6件、合計12件の受賞となりました。表彰式は10月29日に新潟市で開催した第14回3R推進全国大会の席上行われました。

(順不同・敬称略)

3R活動優良企業
  • 金滴酒造株式会社
  • 坂井森林組合
  • 平林金属株式会社
  • 水島エコワークス株式会社
  • 株式会社ジェヌインアールアンドディー
  • 株式会社博水
3R活動推進功労(団体)
  • 青森県生活協同組合連合会 生活協同組合コープあおもり 青森県民生活協同組合
  • 緑のリサイクル・ソーシャル・エコ・プロジェクト・チーム
  • 新潟気軽に省エネくらぶ
  • 社会福祉法人養和会 エポック翼
  • 富山県立砺波工業高等学校生徒会
  • 和気町環境衛生指導員協議会
これまでの受賞者
年度 個人 団体 企業 合計 受賞者一覧
令和元年度 0 6 6 12 受賞者一覧(PDF:0.3MB)
平成30年度 0 3 7 10 受賞者一覧(PDF:0.1MB)
平成29年度 1 5 10 16 受賞者一覧(PDF:1MB)
平成28年度 1 11 7 19 受賞者一覧(PDF:1.2MB)
平成27年度 2 5 14 21 受賞者一覧(PDF:0.9MB)
平成26年度 1 8 8 17 受賞者一覧(PDF:0.7MB)
平成25年度 4 7 10 21 受賞者一覧(PDF:0.7MB)
平成24年度 4 10 20 34 受賞者一覧
平成23年度 5 11 13 29 受賞者一覧
平成22年度 7 9 20 36 受賞者一覧
平成21年度 5 12 21 38 受賞者一覧
平成20年度 6 15 28 49 受賞者一覧
平成19年度 10 13 18 41 受賞者一覧
平成18年度 6 6 7 19 受賞者一覧

※平成20年度~23年度の受賞者の詳細は「先進事例」に掲載していますので、そちらをご覧ください。

詳細はこちら