TOP > 3R推進全国大会

3R推進全国大会

3R推進全国大会は、国民・事業者・行政が一堂に会し、循環型社会の形成に関するそれぞれの知識や経験を交換するとともに、参加者一人一人が自らのライフスタイルを見直す機会 を提供することを通じ、ごみの減量・再資源化などの3R推進に関する理解を深め、ごみゼロ社会の実現や循環型社会の形成に向けた取組を推進することを目的として、毎年、環境省と3R活動推進フォーラムが、自治体等と共同で開催しています。

 第11回3R推進全国大会の開催について
 梶原地球環境審議官

 梶原  飯泉知事
 挨拶する梶原地球環境審議官(左)と飯泉知事(右)

 
循環表彰
循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰
 
ポスター表彰
3R促進ポスターコンクール最優秀表彰

新着1第11回3R推進全国大会は、環境省、環境省中国四国地方環境事務所、徳島県、3R活動推進フォーラムの主催で、10月20日(木)13時から徳島市内の徳島文理大学アカンサスホールで開催されました。大会は2部構成で行われ、第1部大会式典では、主催者挨拶で環境省から梶原成元地球環境審議官、徳島県から飯泉嘉門知事、3R活動推進フォーラムから細田衛士会長、来賓の嘉見博之徳島県議会議長の挨拶が行われました。この後、循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰(企業の部7件、団体の部11件、個人の部1件)及び3R促進ポスターコンクール最優秀賞表彰(小学生低学年、同中学年、同高学年、中学生各1名)が行われ、梶原地球環境審議官から表彰状が手渡されました。
 (受賞者及び受賞作品は、循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰3R促進ポスターコンクールのページからご覧ください。)
 第2部記念シンポジウムは「とくしまから発信!広がる つながる 3Rの輪」をテーマに、細田3R活動推進フォーラム会長(慶應義塾大学経済学部教授)の基調講演「循環型社会の道筋を展望する」、福井県安全環境部循環社会推進課主任・大石光紀氏による成果報告「おいしい食べきり運動 昨年度3R推進全国大会の成果」、徳島県立新野高等学校及び徳島県立小松島西高等学校勝浦校の皆さんによる事例発表「緑のリサイクル・ソーシャル・エコ・プロジェクト」、シンガーソングライター(環境省3R推進マイスター)白井貴子氏とマイバッグガールズによる特別講演「3Rとエコライフを楽しもう」が行われました。この後、パネルディスカッション「今後の3Rの取組みと主体間連携のあり方~」(コーディネーター:NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット理事長・3R活動推進フォーラム副会長 崎田裕子氏、パネリスト:環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室長 田中良典氏、福岡県大木町副町長 境公雄氏、NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミー理事長 坂野晶氏、(株)日誠産業環境推進部長 岸野正和氏、徳島県県民環境部環境首都課課長補佐 尾関勉氏)が行われました。
 最後に、次回開催地の沖縄県環境部環境企画統括監の棚原憲実氏から挨拶が行われ、閉会しました。終了後、1階アクティブラウンジで名刺交換会が開催されました。
 大会参加者は385名でした。
 なお、徳島県のホームページでも詳細がご覧いただけます。
 ⇒ http://www.pref.tokushima.jp/docs/2016102200017/

 展示1
 開会前に3R推進展示コーナーを見て回る徳島県知事ら
 展示2
   3R推進展示コーナーの模様

 細田会長
 講演する細田会長

 白井貴子
   白井貴子氏とマイバッグガールズ
 パネル討論
      パネルディスカッション

過去の全国大会報告書

開催回 開催地  報告書
第10回 福井県   報告書

第9回 相模原市 報告書
第8回 栃木県  報告書
第7回(東京都) 報告書
第6回 京都市  報告書
第5回 佐賀県  報告書
第4回 千葉市  報告書
第3回 山形県  報告書
第2回 北九州市 報告書
第1回 愛知県  報告書