TOP > 3R推進全国大会

3R推進全国大会

3R推進全国大会は、国民・事業者・行政が一堂に会し、循環型社会の形成に関するそれぞれの知識や経験を交換するとともに、参加者一人一人が自らのライフスタイルを見直す機会 を提供することを通じ、ごみの減量・再資源化などの3R推進に関する理解を深め、ごみゼロ社会の実現や循環型社会の形成に向けた取組を推進することを目的として、毎年、環境省と3R活動推進フォーラムが、自治体等と共同で開催しています。

第11回3R推進全国大会の開催について

 第11回3R推進全国大会は、環境省、環境省中国四国地方環境事務所高松事務所、徳島県、3R活動推進フォーラムの主催で、 10月20日13:00から徳島文理大学「アカンサスホール」(徳島市内)で開催されます。大会当日の午前中に上勝町ゼロ・ウェイストアカデミーの施設見学を行います。詳細は約1ヵ月前にお知らせします。
 ⇒ 概要はこちら

第10回3R推進全国大会の開催について 
 平成27年度開催の第10回3R推進全国大会は環境省、環境省中部

10回大会
地方環境事務所、福井県、3R活動推進フォーラムの主催で福井市内の福井県生活学習館で開催されました。大会は13時から1部記念式典、14時5分から2部記念シンポジウムが行われました。
 1部では、井上信治環境副大臣、西川一誠福井県知事、崎田裕子3R活動推進フォーラム副会長による主催者挨拶と仲倉典克福井県議会議長の来賓挨拶に続き、平成27年度の循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰(14企業5団体2個人)と3R促進ポスターコンクール最優秀賞表彰(4部門4名)が行われました。
 また、2部では「食品廃棄物をはじめとした3Rの取組みについて」をテーマにシンポジウムが行われ、 講演「持続可能な社会を目指して~未来の子供たちに美しい自然を残したたい~」(ユニーグループ・ホールディングス株式会社執行役員 グループ環境社会貢献部長 百瀬則子氏)、特別発表「食べきり寸劇」(発表者:福井県連合婦人会)、パネルディスカッション「全国食べきりサミット~おいしい日本を食べきろう~」(コーディネーター:NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット理事長・3R活動推進フォーラム副会長 崎田裕子氏、パネリスト:環境省廃棄物リサイクル対策部企画課循環型社会推進室長・田中良典氏、福井県安全環境部循環推進課主任・大石光紀氏、埼玉県環境部資源循環推進課長・豊田雅裕氏、山口県環境生活部廃棄物・リサイクル課主任技師・橋本浩太郎氏、大分県生活環境部地球環境対策課主事・村上美夕紀氏、長野県松本市環境部環境政策課長・土屋雄一氏)が行われました。
 最後に、次回開催地の徳島県県民環境部次長・手塚俊明氏が挨拶した。終了後、展示コーナーで名刺交換会が行われました。大会への参加者は380名(企業100名、自治体70名、NPO/一般130名、国・県・展示等関係者80名)でした。 
 大会の開催に合わせて、福井県生活学習館の1階では3R推進展示コーナー、3階では3R体験コーナーが行われ、親子連れなどが参加しました。
 また、関連行事としてバスによる福井県池田町あぐりパワーアップセンターの施設見学会が行われ、33名が参加しました。
第10回3R推進全国大会チラシ

過去の全国大会報告書

開催回 開催地  報告書
第10回 福井県   報告書

第9回 相模原市 報告書
第8回 栃木県  報告書
第7回(東京都) 報告書
第6回 京都市  報告書
第5回 佐賀県  報告書
第4回 千葉市  報告書
第3回 山形県  報告書
第2回 北九州市 報告書
第1回 愛知県  報告書