TOP > 山形シンポ

山形市で循環・3Rシンポジウムを開催しました

 環境省・山形県・3R活動推進フォーラムが主催する循環・3Rシンポジウム~3Rの最新動向と地域連携を考える~が12月6日(火)13:00~16:00に山形市内の山形テルサ「アプローズ」で開催されました。
 環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室長の田中良典氏による基調講演「各種リサイクル法の最新動向と環境負荷の低減」と4件の事例発表が行われ、発表者によるパネルディスカッションが行われました。参加者は70名でした。

◆プログラム(敬称略)
13:00 開会挨拶 山形県環境エネルギー部長  大森康宏
<第1部>基調講演
13:05 「各種リサイクル法の最新動向と環境負荷の低減」
環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室長 田中良典
<第2部>事例発表
13:40 事例1「さいたま市における事業系一般廃棄物の現状と課題」
さいたま市環境局資源循環推進部資源循環政策課長 島村和久
14:00 事例2「松本市における食品ロス削減の取組」
松本市環境部環境政策課課長補佐 百瀬靖恵
14:20 事例3「地域コミュニティにおけるゼロ・ウェイストな暮らしづくり」
NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミー理事長 坂野 晶
14:40 事例4「3R推進のための主体間連携の可能性」
NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット理事長 崎田裕子
<第3部>パネルディスカッション
15:10 テーマ「将来に向けた3R政策と地域連携の重要性」
〇コーディネーター  NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット理事長 崎田裕子
〇パネリスト 基調講演者及び各事例発表者

大森氏
大森氏  

 t田中
田中氏
 島村
島村氏
 松本市
                百瀬氏

 ごみゼロ
坂野氏

 崎田
崎田氏
 
パネル討論
パネルディスカッション

 全景
シンポジウムのもよう